金沢大学 宝町・鶴間キャンパス

物件選びのポイント

金沢大学には角間キャンパスと宝町・鶴間キャンパスの2つの地域が存在します。

それぞれの特性をよく理解した上で物件を選ぶことがより良いキャンパスライフに繋がります。

 

 

現役金大生に聞いた宝町・鶴間キャンパスの「あるある」をまとめましたので保護者の方も是非参考にしてください。

 

1.通学時間の決め手となる「坂上」「坂下」

 

金沢大学 宝町・鶴間キャンパスは小立野台地と呼ばれる台地の上にあります。坂を上らなくても通える物件を「坂上」と呼び、長い坂を毎日上り下りしないと通えない物件は「坂下」と学生の間では呼ばれています。車があればどちらでも構わないですが、1年で引越しを考える人もいるので要チェック。

 

2.大学からの近さ優先

 

宝町・鶴間キャンパスに通う学生の多くは「旭町」という坂下に住む人が多いのは、利便性もありますが、理由の一つとして角間キャンパスで週に何度か授業を行うため、ちょうど間の場所である為です。しかし、圧倒的に宝町・鶴間キャンパスに行くことがもちろん多いので、大学からの近さでいえば石引・小立野の周辺に住まわれることをお勧めします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

入学準備は整ってきましたでしょうか?

 

アカネ不動産では、学生たち1人1人と寄り添ってご相談させて頂きます。

より良い学生生活が送れるよう誠心誠意、バックアップ致します。

 

アカネ不動産商会

 

 

TEL

FAX

MAIL

㈲アカネ不動産商会

076-222-9577 

076-222-2532 

info@akane-f.com

©2017akane-f.com All Rights Reserved.

平日 9:30~18:00

​土曜 9:30~12:00